催眠療法で身体の不調を癒す

千葉県流山市南流山駅前の催眠療法(ヒプノセラピー)。うつ・パニックなど、ストレスによる体調不良を専門に扱う催眠療法(メディカルヒプノセラピー)です。不眠、恐怖症、頭痛、過去のトラウマなどでおこまりですか?オンラインによる施術も行いますのでご自宅で催眠療法が受けられます。初回無料相談あり。
<< 医学的問題の催眠 | main | 湿疹 >>
高血圧
0

    毎回の心臓拍動で心筋は収縮することによって血液を全身に送り出します。心筋が収縮したときの血圧が最高値となり、それは収縮期血圧と呼ばれています。

     

    次の収縮が始まる前に心筋は弛緩し、血圧は拡張期血圧と呼ばれる最低値まで下がります。どちらの血圧も水銀柱の高さ(mmHg)で表示されます。

     

    一般に収縮期血圧が160以上、拡張期血圧90以上の場合高血圧と考えられています。加齢と共に心臓の血管は伸縮性を失っていく傾向にありますが、それは血圧を高くします。

     

    高血圧症

    高血圧または高血圧症は非常に一般的な症状で、人口の10から20パーセントの人がその症状にあります。そしてそのうち90パーセントの人が、原因を特定することができません。危険因子としては、肥満、不健康な生活、アルコールの過剰摂取、ストレスなどが考えられます。

     

    ストレスを感じる状況に置かれたとき、心拍数は増加し、血圧は高くなります。よく知られた例が「白衣高血圧症」で、これは医師によって血圧を測定されているというだけで血圧が上昇するというものです。この症状の人々はしばしば自宅で血圧を測ると正常値を示すということがあります。

     

    短期のストレスが血圧に及ぼす影響はかなり研究されていますが、慢性的なストレスが慢性的な高血圧症の原因になっているかどうかは今後の研究課題となっています。催眠療法だけである種の慢性的な高血圧症状を改善することができるかどうかはまだ明らかにされていません。

     

    しかしそれにもかかわらず多くの催眠療法士が高血圧症の患者に催眠療法を施しています。催眠下でのリラクゼーションが一般的ですが、もう一つよく用いられている技法に、身体的反応の過程をビジュアライズさせるといものがあります。

     

    クライアントは動脈が軟化し、伸縮性が増してきている状態をビジュアライズするように言われ、それによって動脈を流れる血液の圧力を減らします。

     

    *産調出版 ヒプノセラピーより

    | sawasprit | 催眠療法 | 18:23 | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + お知らせ
    案内

    屋号:おおさわ催眠センター

    

    所在地:千葉県流山市南流山1−7−6 ドゥリエール202

    連絡先:04-7159-8422

    *上記の番号はおおさわ整体院と共通になります。施術中はお電話に出られませんのでご了承ください。

    *お知らせ

    ・7月は通常営業です。

    ・オンライン(ZOON/SKYPE)による催眠セッション始めました。ご自宅で催眠セッションができます。

    ・初回30分を上限として、オンラインによる無料の質疑応答をおこなっております。催眠セッションに不安のある方はまずはビデオ通話でお話ししませんか。

    *コロナ対策について

    1、施術の戦後はアルコール消毒液にて手を消毒しています。

    2、定期的に部屋の換気をおこなっています。

    3、お一人づつの施術のため、他の人と接触することはありません。

    4、毎朝体温を測り、施術者の健康管理に気を付けています。

    + チャット

    *チャットでもお問い合わせできます。

    ・SKYPE ID:oosawaseitaiin

    ・Chatwork ID:osawahypno

    ・LINEはQRコードをタップしてください

    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE